ヘナ白髪染め

ヘナ白髪染め

白髪を染める手段としてはカラーリングのほかにヘナ染めがあります。

 

ヘナはインドなどの地域に生息する植物でヘナの実をすりつぶして染料として使います。このヘナの染料を白髪染めに用いたのがへな染めです。

 

ヘナ自体はオレンジ色、明るい褐色に染めるので残っている黒い髪とまじりあって茶褐色、ブラウンに染めていきます。ということはほとんど白髪になった髪にはヘナ染めはあまり効果を為さないということになります。

 

最近はヘナと天然の植物性の染料を混ぜて改良されているものも多く出回ってきましたが…。白髪の量や染め上がりの期待度とも相談したいところです。

 

ただしヘナ染めの主原料、天然の成分は頭皮に与えるダメージが少なく染め上がりも自然です。むしろ髪がつやつやになったり丈夫になったという話をきくこともありますね。

 

染め上がりより頭皮や髪への影響を重視するならヘナ染めはおすすめです。健康な髪は白髪を予防することにつながりますからね。また自然のものを成分にしているということは地球環境へも安心ですね。

 

最近は白髪染めシャンプーも増えてきました。原料の中にハーブやヘナを使うものが多いのです。速攻で黒くは染まりませんが、シャンプーとパックを併用して自然に染まっていく感じがいいという人も多いようです。

 

しかも毎日シャンプーをしていながら自然にカラーリングしていくわけですから、髪と頭皮を清潔に保ちながら白髪対策ができるというわけです。