メラノサイトが働かない原因

メラノサイトが働かない原因

メラノサイトが活性化しないと生え変わる髪は白髪のまま伸びてくるという、髪の生え方のシステムがわかりましたので、メラノサイトが活性化しない理由についてわかっていることをいくつかあげてみましょう。

 

まずは「遺伝」ということ。男性型脱毛にも同様のことが言えるようです。よくありますね、「おじいさんも髪が薄かった」とか「母も白髪がすごい」とか。

 

どの程度遺伝との関係性があるかは深く究明されていないようですが、あてにならないことはないと思います。そして老化。体全体のの機能は低下しますので当然メラノサイトの働きも弱まると考えられます。

 

さらに生活習慣。気温や紫外線など外的な要因もさまざまにありますが、食生活・ライフサイクル、頭皮のケアの状態も関連性が高いとされています。

 

慢性疾患で消化器系疾患、貧血、甲状腺疾患のある人は急に白髪になる人もいるそうです。尋常性白斑はその部分が白髪になる症状です。

 

また円形脱毛症の人が治りかけに白髪になることも。そしてやはりストレスとの関係は深いとされています。

 

白髪・薄毛・抜け毛など毛髪のトラブルはストレスによることは誰でも経験したり、見たり聞いたりしていることではないでしょうか。いくつかの原因が重なって白髪は進行するのではないでしょうか。